カスタマイズ開発できる
予約管理システム
RESASTA"リザスタ"

ホテル・旅館等の宿泊予約システム

  • ホテル
  • 旅館
  • ビジネスホテル
  • キャンプ場
  • カプセルホテル
  • ウィークリー/マンスリーマンション
  • 宿泊
  • 旅行

弊社の「RESASTA」パッケージを具体例として、重要な要素、基本的なデータベース設計、組み込まれている機能などをご紹介いたします。予約システムの導入や開発にご興味のある方にとって、有用な情報となることを願っております。

英会話・語学教室(オンラインレッスン)の予約システム

システムの基本仕様・ポイント

施設のWEBサイトに訪れたユーザーが、まず宿泊したい日時を選択し、登録された部屋やプランの空き状況等を確認して予約を行います。
予約の際に料金の決済を行います。
予約したユーザーは自動的に顧客として管理できるようになり、リピーター獲得に向けたアクションに繋げることができます。

システム機能紹介

情報管理

宿泊予約システムは、多くの情報を適切に管理する必要があります。
以下に、管理が必要な情報のいくつかを挙げてみましょう。

・宿泊予約
・客室の種類
・客室の状態、残室数
・宿泊プラン(販売価格、オプションなどの情報も含む)
・料金精算
・顧客情報
・チェックイン、チェックアウト状況
・キャンセル情報

このように、宿泊予約を管理するには様々な情報を管理する必要があり、
手作業やExcelでは非常に大変です。
宿泊予約システムを導入することで一元化・効率化できるようになります。

宿泊予約サイト・システムの仕組み図

予約管理

宿泊予約システムと称されるだけあって、予約管理機能はシステムの最大の利点の一つです。
人力での予約管理業務は、予約状況の更新遅れや登録の間違い、人的ミスの恐れがあり、不安定です。
しかし、システム化する事でそういった遅れやミスを防ぎ、業務自体も大きく効率化することができます。

システムの予約情報はリアルタイムで更新され、常に正確な部屋の状況を提供・管理します。
キャンセルが発生すれば即座に空室情報が反映され、タイミング悪くお客様を逃すことを回避できます。
また、ダブルブッキングといった宿泊施設で避けたい問題も未然に防げるのです。

不安定な人的要因を解消しつつ、業務プロセスを大幅に効率化することで、売上向上に繋がります。

宿泊予定日の選択UI

お客様がスムーズに予約できるようになるには、宿泊施設の月ごとの空き状況が明快である必要があります。
その際、よく用いられるのがカレンダーUIです。
1ヶ月単位のカレンダーの1日1日に、その日の空き状況と最低宿泊料金が表示されているのが基本的です。
2ヶ月分のカレンダーを一度に表示するようにすれば、状況がより把握しやすくなります。
人が旅行を予定する際、いつ行くかは月単位や連休期間単位で目星をつけて探す場合が多い為、
そこからスムーズに宿泊予定日を決められるよう、UIにはこだわった方がいいでしょう。

宿泊予定日の選択UI

顧客管理

より良いサービスを提供する為や、リピーターを獲得する為に顧客管理は重要な機能となっております。

購入の際に顧客の基本情報(氏名、連絡先情報、生年月日など)を入力してもらい、プロファイルを作成します。
顧客の好みや特別なリクエスト、食事制限などの情報も入力してもらったり、宿施設側が記録したりすれば、個別のサービス提供に役立ちます。

宿泊履歴を追跡できるように、顧客が過去にどの部屋に滞在したか、どの期間に滞在したかなどの履歴情報を保持します。
これにより、顧客に対してパーソナライズされたサービスを提供し、特別なオファーを送信するのに役立ちます。

売上の増加に繋がる機能として、顧客管理がどのように実施できるかは非常に重要です。

情報入力フォーム

お客様が宿泊先の予約をする時は、予定日にどのようなプランがあって、どんな部屋が空いているのか、どんなオプションがあるのかを見て選ぶのが基本的です。
プランであれば「ディナービュッフェを満喫<夕食・朝食付>お得プラン!」、部屋タイプであれば「禁煙ツインルーム」、といったような情報です。
それらの情報を登録する必要があります。

そこで宿泊予約システムには、宿施設のスタッフが情報をいつでも追加できるように情報入力フォームが用意されています。
季節に合わせて作ったプランやイベントに合わせて装飾した部屋など、柔軟に情報を追加できるようになります。

プランや部屋タイプ、オプションを登録した後は、それをお客様にどのように見せてアピールするのかも重要です。
RESASTAではシステムを導入する宿泊施設に最適なデザインをデザイナーが提案し、カスタマイズするオプションがございます。

プラン選択画面

多言語対応

ホテル・旅館業界ではインバウンド集客をいかに増やすかは重要なポイントとなります。
WEBサイトや予約システムを開発しても、日本語でしか書かれていなければ、海外のお客様の関心を惹くことは難しいでしょう。
その為WEBサイトや予約画面を多言語に対応する必要があります。
現在では、AIによる自動翻訳により対応することが可能です。
インバウンド集客のための多言語対応として、英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語に対応することをオススメします。
世界で話者が最も多い英語と、訪日外国人の1位である韓国、2位の中国の言語をカバーすれば、インバウンド集客効果が見込めます。

決済連携

通常、支払い処理は外部システムとの連携を通じて実施されます。
Stripe、PayPal、Squareなどさまざまなサービスとの連携が一般的ですが、RESASTAでは基本仕様としてStripeとの連携を採用しています。
これには、開発とテストが迅速に行えるAPIや環境、高度なセキュリティ基準であるPCI DSSへの準拠が理由として挙げられます。
また、特にBtoB取引において重要な銀行振込にも対応可能です。
だし、コンビニ払いや後払いには対応していないため、そのようなニーズがある場合、国内のサービスであるPaidyなどを導入することもできます。

決済連携の仕組み図

クーポンとポイント

販売促進する為に、クーポンを設定したりポイントを付与できるようにすると良いでしょう。

クーポンは新規顧客を引きつけ、既存の顧客をリピーターにするのに役立ちます。
ホテル業界では需要が季節や特定の期間に集中することがあります。クーポンを活用することで、需要の低い期間に価格を調整し、宿泊率を向上させることができます。

宿泊したお客様にポイントを付与し、リピートしてもらうためのポイントシステムも一般的に有効な戦略です。

クーポンやポイントはシステム化することで設定や管理が容易になります。売上向上に繋がるシステムとして積極的に活用するのが良いでしょう。

セキュリティ

宿泊予約システムにおいてセキュリティは非常に重要です。

宿泊予約には顧客の個人情報や支払い情報、予約情報が含まれています。
これらのデータは悪意のある攻撃者から保護されなければならず、漏洩することは信頼性を損ない、法的な問題を引き起こす可能性があります。
システムへの攻撃や不正アクセスから保護することは、システムの可用性を確保するためにも重要です。
攻撃が成功すると、サービスの中断やデータの破損が発生し、顧客に不便をもたらす可能性があります。

このように、宿泊予約システムではその利便性だけではなくセキュリティに問題が無いかどうかにも注目するべきでしょう。
RESASTAの開発会社もセキュリティには注力しており、自動車教習所の免許更新予約管理システムや都道府県単位規模の看護師データベースなど、
高度なセキュリティ要件をクリアした開発の実績がございます。